またあの暑い夏の日がやってくる。涼しい風に包まれたお台場の夕べを屋形船で楽しませんか。

 トップ夏のお台場で海の灯まつり

東京屋形船案内

海の灯まつり in お台場 2018

2018年7月15日(日曜)・16日(月曜・海の記念日)

第15回「海の灯まつり in お台場」が開催されます。
“おうちの灯りを消して「お台場ビーチ」へ”


夕暮れのひと時、屋形船からお台場の海浜海岸に揺らぐ
ペーパーランプの蝋燭の灯に
静かに過ぎ行く黄昏の時間を楽しみください。

2018年7月15日、お台場海岸で海の灯まつりが開催されました
夕闇が濃くなるに連れて、数万個の灯りで描かれた
ハートマークが際立ってきました。
今年は例年になく多くの外国人の方で、海岸が混雑しました。
幻想的な光景は、夏の暑さを忘れさせ、心癒してくれるでしょうか。


夏の夕暮れ時、お台場の涼風に吹かれて

海の灯まつり 夏のお台場夕暮れ時
夏の夕暮れ時、お台場の水面を涼風が漂う

海の灯まつり 真っ赤に染まる夏のお台場
太陽がビル陰に隠れる頃、お台場は赤く染まる

暗くなるにつれて、屋形船とペーパーライトが輝き始める

海の灯まつり ペーパーライトが輝く
暗くなるにつれてお台場海岸に色濃く灯るペーパーライトと屋形船

夜の帳が下りても人出で賑わうお台場海岸

海の灯まつり 灯り増すペーパーライト
岸辺に灯るペーパークラフトの近くを巡る屋形船



2017年は『江戸情緒でおもてなし』をテーマ

「江戸城」や江戸の暮らし連想させる
「番傘をさした女性」や江戸時代の町火消し「め組」を描くことで、
国内外のお客様にお楽しみいただける題材に取り組んでいきます。
精密に計算された設計図をもとに砂浜に地上絵を作成します。

(東京港埠頭HPより)



夏の夕暮れ時、お台場の涼風に吹かれて

日が暮れて来て、ペーパーライトに明りが灯る

大都会の夜を背景にペーパーライトの灯が輝く

夜の帳が下りて全ての灯が輝いてきた

「江戸城」(手前)や「番傘をさした女性」(奥)

江戸時代の町火消し「め組」

「風 鈴」


ペーパーランプを並べて地上絵を描こう!
(ボランティアに参加できます)

お絵かき開始・・・・・13:00〜
点灯開始時間・・・・・18:30〜

問合せ先・・・東京港埠頭(株)事務局 Tel 03−3599-7305



2016年の海の灯まつり

2016年7月17日(日曜)、まだ梅雨が明けきらぬ東京。
お台場の空は曇り、霞がかかったような夕暮れでした。
PM6:30にペーパーライトが点灯、海の灯まつりが始まりました。


夏のお台場 夕暮れ時
夏のお台場の夕暮れ時(pm6:00頃)

お台場の夏の夕暮れ
霞むお台場の夕暮(pm6:15頃)

暗くなるにつれて、屋形船とペーパーライトが輝きを増していく

海の灯まつり
日が暮れて来て、屋形船とペーパーライトの灯も輝いてきた



Web Page

東京屋形船案内

HOME