隅田川の橋めぐり、水ぬるむお台場で、懇親会、歓送迎会、同窓会は屋形船


 トップ少人数で乗れる貸切屋形船

東京屋形船案内
ライトアップ浅草寺と
浅草燈籠会
上野東照宮と
寛永寺の五重塔
江戸を探して神田界隈
神田明神&湯島聖堂
重要文化財の隅田川の橋
勝鬨橋・永代橋・清洲橋
隅田川中央大橋
チャレンジャー像
LED輝く東京ホタル
ブルーで彩る隅田川
小さい秋探して東京
清澄・浜離宮・六義園
神宮外苑の銀杏並木
黄金色につつまれて
日比谷公園の秋
銀杏が美しい
日比谷公園の晩秋
薔薇と菊花展
浜離宮恩賜公園の春
幽玄の八重桜の夜
東京スカイツリー
隅田川からの眺め
佃島・月島慕情
昭和の匂いの下町
晴海トリトンスクェア
Infiorata 2010
銀座イルミネーション
銀座の翼
カレッタ汐留
ブルーフォーレスト
東京ミッドタウン
MDのクリスマス
和の灯
光都東京・表参道


重要文化財に指定された隅田川の橋


  隅田川は江戸・東京の下町を流れる代表的な川のひとつである。
現在隅田川にかけられている橋は、
高速道路など車専用のものを含め27、人が渡れるものは24。
古いものでは江戸時代にかけられた千住大橋があり、
隅田川は江戸から現代に至る街の歴史を見続けてきた。


 そのなかには個性的な橋もあり、このたび勝鬨橋・永代橋・清洲橋の3橋が
2007年4月に国の重要文化財に指定された。





【 勝 鬨 橋 】




日露戦争の旅順攻略戦に勝利したことを記念して
「勝鬨」と名づけられた。
昭和8年に着工、昭和15年に完成した。
長さ246m、幅は22mで、船を通すため橋の中央が約70度開閉した。
隅田川唯一の二葉跳開橋だった。
鉄鋼製の橋梁で、二つのアーチの真ん中が開閉部分で、動力は電気。
昭和43年までは約70秒で開閉を行い、1日5回、約20分間船を通していた。



青のラインと緑のアーチのコントラストが美しい夜の勝鬨橋


下流を望む(芝浦埠頭のビル群)


上流を望む(中央は聖路加病院)






【 永 代 橋 】




元禄11年(1698)に「深川の大渡し」に代わって架けられた。
当時はこの辺を永代島と呼ばれていたため永代橋と名づけられた。
明治30年(1897)に現在の場所に移され、
関東大震災で大破した後、昭和3年に現在の橋に架け替えられた。



夜になると、欄干部が鮮やかなブルーに灯る


永代橋のブルーが隅田川に映える(遠くに清洲橋の灯り)


永代橋の灯が水面をブルーに染める(背後は中央大橋)

永代橋と東京スカイツリー「粋」




【 清 洲 橋 】




当時の深川区清澄町と日本橋中洲町を結ぶので清洲橋と命名された。
震災復興事業の一環として
世界でも美しい橋として知られていたドイツライン川に架かる
ケルンの大吊橋をモデルに昭和3年(1927)に完成した。



夜はピンクの灯りが点灯される。



曲線的な優美さをもった女性的な橋とされている。



清洲橋と東京スカイツリー「雅」





ライトアップの隅田川の橋


【 中央大橋 】

隅田川で一番新しい中央大橋、兜をモチーフとした白色の主塔が聳える。

隅田川で最も迫力ある水の風景 大川端リバーシティ21と中央大橋

船の安全を守るパリから贈られたメッセンジャー像(上流側に立つ)




中央大橋とメッセンジャー像 佃テラスの桜と中央大橋主塔


Web Page

屋形船の設備で選ぶ屋形船の料理で選ぶアクセスで選ぶ屋形船の乗船方法屋形船のMAPスカイデッキの船送迎バスの案内特選情報の案内

少人数で乗れる貸切船2人から乗れる乗合船歓送迎会もリーズナブルにランチクルーズを楽しむ少人数で高級に屋形船ハゼ釣り&天ぷら屋形船



東京屋形船案内

HOME